• ゼロ(管理人)

アクセラレートエルフの新たな可能性を求めて…

どうも!ゼロです。


新たな可能性を求めてデッキ構築そしてお試し中。


今日はラティカを使ったアクセラレートエルフのデッキを試してみた。

軸はアクセラレートの形で、ローテ落ちしたアクセラレートカードを無理やり別のアクセラレートカードで埋めた形。


勝てるか?と聞かれるとぶっちゃけ環境的にはTier4とかくらいじゃないかな…


序盤にいかにアクセラレートを6回使えて、5ターン目とか6ターン目にラティカ開花で走らせられるかと言う高難易度の運ゲーになってしまいがち。

ただ、アクセラレートで無理やり出したウェルダーを顔に突っ込ませて、妖花の捕食者で戻してさらに捕食者を顔に突っ込ませる動きは面白かった。


あと、どうして5ターン目とか6ターン目に決めに行かないとって言うと、大体これ以降のターンになるとウィッチにはほぼ負けるし、狂乱ヴァンプも相手の方が早い。

ロイヤルに至っては6ターン目までに逆に削り切られることもあるくらい。

要は環境トップ近くに君臨するデッキ相手には軒並み負けたと言うことです。(笑)


よって、中々に厳しいデッキだった。(自分で作っておきながら…)


とは言え、決まったときの爽快感は相変わらず楽しい。


上手く立ち回れれば、意外とやれるのかもしれない。

まあ、私程度のプレイングではまだまだ未熟。


と言うことで結論、研究の余地ありでした。

2回の閲覧0件のコメント