• ゼロ(管理人)

ムーンブルクゼシカ


どうも!ゼロです。


今日は珍しく、真面目に「ドラゴンクエストライバルズエース」のデッキ紹介をしてみたいと思います。


紹介するのはこちら。


ムーンブルクゼシカ

英雄カードのムーンブルクの王女を軸に据えたおもちゃデッキです。(笑)

レジェンド帯でもこれを使って遊んでいる方々がいるので、Tier2くらいのデッキパワーはあるのかな?って思います。

私は使っていて、勝っても負けても楽しいデッキだと思っているのですが、真面目に勝ちたい方は素直にTier1と言われているピラミッドアリーナのデッキを握ると良いでしょう。

ちなみにこのデッキリストは有名配信者さんのものと同じになっている可能性があります…

何故って?見ていて良いなと思うところを真似して入れ替えたからです。


主な勝ち筋

あくまで私の主観ですが、主な勝ち筋は3つあると思っています。

  1. ユニットで殴り倒す貴重なユニットありがとうプラン ひとつ目のユニットで殴り倒すプランは、正直通すのが難しいです。 高スタッツのユニットが、魔導召喚から出てくるスノーホムンクルスか、メイジポンポコくらいしか入っていないデッキですから当然です。 後はまもののツボから出てくるユニットにお祈りするしかないのですが、このプランを取るときは単純に高スタッツのユニットか、ホメロスやドラゴンガイアなどの付加価値の高いユニットを選ぶ必要があるように感じました。

  2. コントロールしきって相手の山札無くしてやるコンシード誘発プラン 私は自分でこのデッキを使っていて、このプランが1番通しやすいと感じました。 デッキの構築上、豊富な特技カードがあるのはもちろんのこと、魔女、スノードラゴン、天才魔法使いベロニカ、ムーンブルクの王女Lv2からの特技供給もあり、相手の盤面にひたすら手札から、直接干渉できるのが強いです。 特技だけで相手のユニットを倒しきれなければ、盤面のユニットも相手のユニットにぶつけて、常に相手の盤面を空にすることを意識します。 このプランを取る際はひたすら顔にダメージを受けないようにコントロールすることが大切なのと、まもののツボから出てくるユニットも、ソードイドやレジェンドホーンなどの回復効果のついたユニットを選択するのが良いです。 あと、このプランでのマヒャドは本当に貴重なコントロールカードになるので、安易に使わないことをお勧めします。 特に対面が同じタイプの魔法使いのデッキだと、魔導召喚を返す際のマヒャドとして使いたいので、相手の魔導召喚の後に使いたいカードになります。 そして最も重要なのが、もしサマルトリアの王子を引いても安易に使わないことです。 デッキ切れでのコンシードを狙うので、自分の方が先にデッキが無くなってしまいかねないサマルトリアの王子のドロー効果が案外致命傷になります。

  3. ガチャ頼みお祈りプラン このプランは本当に楽しいのですが、まあ中々勝てません。(笑) 魔女やスノードラゴン、天才魔法使いベロニカ、ムーンブルクの王女Lvの効果で手札から相手のリーダーのHPを削るカードが引けた時に採用したいプランです。 特にスノードラゴンからメラゾーマが引けたらチャンスです。 相手はスノードラゴンやマヒャドが3コストで出てきたり、スライムスノーのドロー効果発動を見ると、こちらのデッキにメラ系のカードがないことを公開することになるので警戒心が薄れているはずです。 そこにメラゾーマやメラミなどの直接ダメージカードが偶然来た時、このプランが生きます。 この時のバーバラの使い方も結構気にする必要があって、10ターン目を迎えた以降に8コスト分の特技とバーバラで相手のリーダーに4点ダメージを与えることも意識します。 まもののツボはできるだけシステムユニットか高スタッツのもの、殴り倒すプランに近い選択をします。 また、魔導召喚も貴重なダメージソースになるので、使う際に間違えても全部前列に出ないようにだけ、ユニットの置き方を調整しておいた方が無難です。 あくまでメラゾーマやメラミが偶然引けたときに使うプランなので、ユニットの攻撃も無ければ相手のHP25は削り切れませんからね… 紅蓮の火球も余裕があれば相手のリーダーのHPを詰めるのに使って行きたいところです。

サマルトリアの王子の使いどころ

主にプラン1と3を通すときに使いたいカードです。

ムーンブルクの王女の効果は、Lv3以降は実質MP1回復効果が付く程度にしかならないと思っても良いので、Lv2を使い終えた時点でサマルトリアの王子が引けていて、MPが1余ったら張り替えを検討します。

サマルトリアの王子に張り替えた場合は、速やかにサマルトリアの王子のLvを3まで上げ切ることを意識してプレイし、サマルトリアの王子の直接ダメージが通せる状態を作るのが望ましいと思います。

プラン2だけは前述のとおり、あえてサマルトリアの王子を使わないと言う選択を取るのも必要な場面もあります。 相手が流行りのディスカードカミュやピラミッドアリーナで、ガンガンドローするタイプのデッキの場合はサマルトリアの王子を使っても差し支えない場合があります。


マリガン(先攻)

ムーンブルクの王女 … デッキの軸

魔女 … 3コス特技が見えていない時の2ターン目設置

スノードラゴン … 特技が見えていない時の3ターン目設置

乙女の気まぐれ … 3ターン目に除去+ムーンブルクの王女起動用

双竜打ち … 同上、かつ相手の横並べに対応しやすい

ピオラ … 2ターン目にムーンブルクを起動したい場合に残す(まもののツボとセット)

ベラ … 場合によってキープ、特技のコストを下げるのは偉い


マリガン(後攻)

後攻の場合は基本的に先攻と同様に加えて以下のカードもキープしていいかも。

デンタザウルス … 相手の横並びが激しい場合の貴重なにおうだち

まもののツボ … ピオラとセットキープが望ましい

マヒャド … ケアされると空振りする可能性はあるがユニット2体は倒せる可能性あり


対アリーナ

双竜打ちやマヒャドはキープしても困らない対面が多い。

乙女の気まぐれも何気に優秀。


対カミュ

ベラが良い仕事をしてくれる唯一の相手かもしれない。

前列中央に配置してクロスカッターが当たらない位置にステルスで置いておくだけで、しばらくは生き残ってくれる。

その間MP1得して特技打ち放題に!

あとは、ディスカードカミュが多い環境なのでプラン2を通しやすい。

6ターンくらい経過したらたぶん役目はなくなる…


対ゼシカ

マヒャドは握っておいて損はしない。

相手に先に魔導召喚を使わせて、それをマヒャドで返すのが理想。

まあ、そんなにうまくはいかないけど…

それさえしのぎ切れば、同じタイプの魔法使いデッキならば大体なんとかなる…と思う…


最後に

このデッキを使っていて本当に楽しいと思うのは、相手に動きを悟られにくいカードをいかにして手札に加え、相手の意表を突いて勝つかに尽きます。

スノードラゴンから提示されたヘッドハントを忍ばせて、流行りのピラミッドアリーナのSキラーマシンを奪った時なんて本当に楽しかったです。

環境トップとはいかないし、勝率も練度次第ではあると思いますが、本当に楽しいデッキなので良ければ1度使ってみてください!

あと…

こういった日記を書くのは初めてなので、間違えていたり、もっとこうした方が良いよって言う意見も多数あると思っています。そのあたりは生暖かい目で見ていただければ幸いです!



最後に宣伝です!YouTube「零ちゃんねる」でゲーム動画の配信も時々やっています。

↓のボタンをぽちっと押して、チャンネル登録&応援よろしくお願いします♪

みなさんのチャンネル登録&応援が活力になります♪

それではまた!

ドラゴンクエストライバルズ エース ⇒ https://www.dragonquest.jp/rivals/ace/

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

©2017-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

Developed by TOSE CO., LTD / Art Direction & Card Illustration by ArtePiazza.

©SUGIYAMA KOBO

#DQライバルズエース

©ゼロ@零ちゃんねる / Walhalla Knights

walhalla.knights.zero@gmail.com

※ 当サイトで記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。​

スポンサーリンク