• ゼロ(管理人)

魔界冒険日記 #4-12

どうも!ゼロです。


「魔界冒険日記 #4」第12話をお送りします。

今回はすこし長めです…


ゴダ神殿

神殿の名は「ゴダ神殿」。

内部に入ると、先に到着していた魔王たちと魔仙卿が謁見していた。


魔仙卿は魔王たちが来た理由を既に理解していた。

これから魔界に訪れる「大魔瘴期」と呼ばれる災厄に抗うためであろうと指摘する。


各々が「大魔瘴期」をどうやって乗り切るのか、大魔王に相応しいのかを言い争うが…

魔仙卿がそれを制止する。


そして、魔選の儀礼場へ行き、大魔王選出の儀を行うことを告げる。


魔選の儀礼

魔選の儀礼場へと向かう魔仙卿と魔王たち、それを見届けるため後を追うレイナ。

到着した魔選の儀礼場でついに大魔王を選ぶ「魔選の儀礼」が始まる。

どこか見覚えのある影の腕…大いなる闇の根源に繋がっている、あの冥王ネルゲルや大魔王マデサゴーラに力を与えた…


この影の腕が、それぞれの魔王を見定める。

誰が大魔王に相応しいのか…3人の魔王を順に…そして何故かレイナも…?


大魔王失格

そして告げられる衝撃の一言…

3人の魔王の中に、大魔王に相応しい者はひとりもいない…

魔仙卿に大魔王不適格となる理由を告げられ、怒るヴァレリア…

同じく、黙るアスバル…


そして、ファラザードの魔王もやはり大魔王不適格とされ、怒る…


が、しかし、その場にいたただ一人、大魔王になり得る可能性を秘めたものがいた…

それは…レイナだった…


このやりとりを妄言と言い放ち、自身の覇道を行くと…ヴァレリアは去る。

この結果を、非礼と言い放ち、「さよなら」を言い残し、去るアスバル。

そして…結果を受け入れることができないファラザードの魔王は…

レイナを倒し、自身こそが大魔王に相応しいことを証明すると、レイナに戦いを挑むのであった。

魔仙卿にも戦うことを促される…

レイナはやむなく、ファラザードの魔王と戦う道を選択する…


と、言ったところで、長々と連載?してきた「魔界冒険日記 #4」編はここまでです。

次の「魔界冒険日記 #5」も配信は終わっていますので、次回引き続き「魔界冒険日記 #5」編のブログを書いていきますね!


それではまた!

過去の配信はこちら。

ネタバレ見ちゃっても大丈夫な方はどうぞご覧ください。

チャンネル登録もして下さると嬉しいです♪

©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

©SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

20回の閲覧

©ゼロ@零ちゃんねる / Walhalla Knights

walhalla.knights.zero@gmail.com

※ 当サイトで記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。​

スポンサーリンク