• ゼロ(管理人)

魔界冒険日記 #4-1

どうも!ゼロです。


今回の日記からしばらくは、今日YouTubeで配信した「魔界冒険日記 #4」を分割してお届けします。

何故分割するのかって?

それは…前回書いたときに、スクショを貼りすぎて長い、見にくい…って自分で思ったからです。


今回も伝えたいスクショがいっぱいありまして…プレイ時間2時間20分の配信ボリュームは半端じゃなかった。(笑)

(前回のは2時間40分だったので…そりゃ、見にくい訳ですね…しかも伝えきれてない…)


まだプレイしていない方へのネタバレ防止のために、ちょこちょこと隠し?ながら書いていきますのでその辺はご了承ください。


では、本編に入ります。


いざデモンマウンテンへ

(前回の続き)明朝、出立をユシュカに伝えられ、床に就いたレイナはファラザードの玉座へと向かった。レイナを置いてさっさと出立するユシュカを追いかけ、デモンマウンテンへと向かう。

ここから、ファラザード魔王を大魔王にするため、ユシュカと共にデモンマウンテンの頂上を目指すことになる。


大審門開門

デモンマウンテンの入り口となる大審門の前に、バルディスタ、ゼクレス、ファラザードの3魔王が揃ったことで、ついに大審門が開く。

我先にと突き進もうとする魔族たち、しかしそれをヴァレリアが一掃する。

大魔王になるものには、それなりの覚悟が必要と言うことだ。


どこかで見かけた奴ら?

3魔王が先行した後、続く顔にはどこかで見覚えのある奴が…

そして陰から魔王を支援するためか、駆け付けたバルディスタの兵士たちの姿も。

それぞれの思惑が交錯する中で、ヴァレリアの一撃から運よく逃れた一匹のテンツク。

こいつもまたデモンマウンテンの頂上を目指すのであった。


大魔王への試練

大審門を越えて間もなく、後ろからの気配に気付くユシュカ。

今は相手にする必要は無いと考え、ひとまず無視することにした。

そこに、先行する魔族の悲鳴が聞こえてくる。

大魔王になるための試練が始まったことを察知し、試練に挑むレイナの姿を見て楽しみながら進もうと、ひとまず別れ先行するユシュカ。


大魔王になるための試練は始まり、デモンマウンテンの頂上を目指す冒険が始まった。


と、言ったところで、良い感じのスクショの枚数になったので今回はここまでです。

あと、YouTubeで配信した際のアーカイブは、この「魔界冒険日記 #4」編完結の時に改めてリンクを掲載することにします。


もし、どうしても見たい!って方は、私のYouTubeのチャンネルに行っていただければ既に過去の配信動画にアーカイブされていますので、いつでも見ることが出来ます。

そちらでご覧ください!(チャンネル登録もよろしくね!)


では次回、第一の試練編?あまり期待せずにお待ちください!

それではまた!

©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

©SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

0回の閲覧

©ゼロ@零ちゃんねる / Walhalla Knights

walhalla.knights.zero@gmail.com

※ 当サイトで記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。​

スポンサーリンク